トップ > 研究成果 > 研究報告・特別報告 > 2020年(No.6) 

福岡県農林業総合試験場研究報告

第6号  目 次 

※Web掲載用に再編集していますので、オリジナルとはレイアウト等が若干異なります。オリジナルが必要な方は、冊子またはその複写をお求め下さい。 


飼料用米給与が「はかた一番どり」の経済性に及ぼす影響
平川達也・西尾祐介・笠 正二郎
福岡農林試研報 6号 (2020) pp1-4
トルコギキョウ斑点病におけるハウス内資材の汚染状況と発病好適温度の検討
成山秀樹・石井貴明
福岡農林試研報 (2020) pp5-9
種子審査における水稲種子の休眠打破条件および発芽調査の方法
山口 修・石橋正文・宮原克典
福岡農林試研報 6号(2020) pp10-14
水稲における出穂期遺伝子を利用した早生化改良育種の検討
石橋正文・宮原克典・山口 修
福岡農林試研報 6号 (2020) pp15-20
皮性二条オオムギの多型判別用Temperature-switch PCRマーカーの作製事例と最適プライマー濃度比およびプライマー設計基準の検討
原口雄飛・轟 貴智・甲斐浩臣
福岡農林試研報 6号 (2020) pp21-28
ビール大麦新品種「はるさやか」の播種期および施肥法の違いによる生育特性および麦芽品質
轟 貴智・原口雄飛・甲斐浩臣
福岡農林試研報 6号 (2020) pp29-34
高設栽培における光反射シートの利用がイチゴ「あまおう」の収量および品質に及ぼす影響
宇都俊介・益田良輔・佐伯由美・佐藤公洋・末吉孝行・宮原謙二・後藤大介
福岡農林試研報 6号 (2020) pp35-40
促成イチゴの高設栽培における生育促進および増収効果がある低コスト地表面加温法
水上宏二・佐藤公洋・奥 幸一郎・井上惠子
福岡農林試研報 6号(2020) pp41-47
全量基肥施肥栽培における単為結果性ナス「省太」の収量および品質
森田茂樹・佐藤公洋・奥 幸一郎・塚本真嗣・水上宏二
福岡農林試研報 6号(2020) pp48-53
10 ニホンナシ新品種「玉水」の育成
P戸山安由美・渡邊辰彦・石塚 晃・池上秀利・粟村光男・千々和浩幸・繻エ 実・松本和紀・藤島宏之・牛島孝策・古澤典子
福岡農林試研報 6号(2020) pp54-59
11 福岡県三里松原における海岸クロマツ林に自然侵入した広葉樹の種組成と目標林型の検討
桑野泰光・佐々木重行・楢崎康二
福岡農林試研報 6号(2020) pp60-67)
12 香港輸出を想定した貯蔵温度および品種の違いがナス「省太」,「筑陽」の低温障害に及ぼす影響
佐藤辰哉・塚ア守啓・馬場紀子・大庭千佳
福岡農林試研報 6号(2020) pp68-73
13 パパイン製剤,イチジク果汁またはキウイフルーツ果汁の添加が「はかた地どり」ムネ肉の機能性成分含量,抗酸化活性およびアンジオテンシンT変換酵素(ACE)阻害活性に及ぼす影響
竹内菜恵・増本憲考・江嶋亜祐子
福岡農林試研報 6号(2020) pp74-79)
14 混載輸送時の温度およびエチレン条件がモモの果実品質に及ぼす影響
大庭千佳・佐藤辰哉・塚ア守啓・馬場紀子
福岡農林試研報 6号(2020) pp80-86
15 乾乳期間の短縮がホルスタイン種泌乳牛の泌乳成績,分娩間隔及び泌乳前期の栄養状態に及ぼす影響
太田 剛・浅岡壮平・北崎宏平
福岡農林試研報 6号(2020) pp87-92
16 福岡県在来シマサルナシ(Actinidia rufa)の実生はキウイフルーツの台木として活用できる
研究者な四宮 亮・村本晃司・松本和紀・奥村 麗
福岡農林試研報 6号(2020) pp93-98
17 筑後南部平坦地域における播種期や播種密度が大豆品種「ちくしB5号」の生育および収量に及ぼす影響
石塚明子・岩渕哲也・大野礼成・佐藤大和・谷口健太郎
福岡農林試研報 6号(2020) pp99-104
18 「はかた地どり」ムネ肉における機能性成分イミダゾールジペプチド含量と加熱後におけるその変動
北崎宏平・片倉喜範・投野和彦・打上晃二・中垣 誠・小山 太・家守紹光
福岡農林試研報 6号(2020) pp105-109

▲ ページトップへ