トップ > 研究成果 > 主要な研究成果 > 平成30年3月

主要な研究成果

平成30年3月  目 次 

1 水稲「実りつくし」の収穫適期

2 QoI剤耐性イネいもち病菌の発生推移と代替薬剤によるいもち病防除体系の構築

3 食糧用大麦「はるか二条」の特性を活かした播種期と施肥法

4 多収で早播が可能な大豆「ちくしB5号」

5 「あまおう」の畝連続利用栽培における土壌理化学性と基肥窒素量

6 加工品原料の識別も可能なイチゴのDNA品種識別技術

7 アスパラガスにおける省力的親茎管理方法

8 日中加温とCO2施用による促成ナスの増収技術

9 日長制御型EOD-heating処理によるトルコギキョウ低コスト春出し栽培技術

10草花類の暗期中断処理における電球色蛍光灯の品目別適応性

11温州ミカン「北原早生」のβ−クリプトキサンチン濃度

12カキ「秋王」の着果率が向上する環状はく皮

13カキ「秋王」の収穫適期

14甘ガキを原料とした二段階乾燥法によるソフトタイプの干し柿製造法

15キウイフルーツ新品種「甘うぃ」の品種識別技術の開発

16高品質な食品原料用粉末茶生産のための被覆法と加工法

17泌乳牛への高糖分WCS用イネ「たちすずか」多給による乾物摂取量および乳量の向上

18肉用鶏舎の糞・敷料から揮散するアンモニアと臭気を抑える杉バーク被覆

19イノシシおよびシカの解凍赤身肉の肉質判別法

20ハイパーマツ黒の得苗率を向上させる栽培技術の開発

▲ ページトップへ